« BOOKUOKA:一箱古本市に出店 | トップページ | [BarExam]使った本など(民事系編) »

[BarExam]使った本など(公法系編)

では公法系について。
こちらも今年度はあまり目立った勉強ができなかったです。

<憲法>
憲法に関しては、答案構成Post-itはあまり功をなさないようです。
昨年合格した同級生も言っていましたが、答案を「完成させる」練習をつむべきかと。
試験問題は、訴える側の主張→反論→裁判所としての判断、みたいな順番で
お互いの主張、利益衡量をしっかりさせることが多く、説得的なものにするには
事実をきちんと指摘して、かみ合った議論にしないといけないですよね。
なので、2時間で最後まで書ききる練習が必要と思います。
えっと、自分はあまりできなくて、本番でもやたら最初の主張が長く、尻すぼみという
がっかりな感じになりました。
頭を冷静にして問題に取り組むのがまず大事、というところでしょうか。
あとは、LSの講義や演習でセンス(?)を磨く、と。


・教科書
私は芦部憲法(講義で使用)→アルマ「4人本」と推移しました。

最初に芦部本をゆっくり読むのは、やっぱりいいんじゃないかと思いますけどね。
後悔したのは、初期から4人本を使っておけばよかったなと。(結局譲っていただいた)
短答で聞かれることが、だいたい載っている印象です。
縦書き&ハードカバーの教科書を敬遠していたので…。
アルマは、全体にリズムが私に合っていて読みやすかったです。

・判例集
百選は一覧性のために必要でしょうが、判決文を追いたいとなると、

こちらがよいと思います。講義で使って、そのまま使用。
早めにじっくり読み込んでおくのが短答対策にも有効かもです。
あと、法学教室連載の、野坂泰司「憲法基本判例を読み直す」(2005年度より連載、2008年10月号の⑲で完結)は、選りすぐりの有名判例をじっくり読み直して頭に入れるのには有効でした。
それから、今年の直前に、短答の成績が上がらないのに焦って、もうチェックペンで暗記しかない!と

を購入。ホントにチェックペンを引きました。
ま、本番では判例の穴埋めはほぼ出なかったので、あんまり意味なかったですね。

・問題集
基本はLSの演習や期末試験ぐらい。旧試験の過去問もほとんどやらなかったですね。
昨年より今年のほうが論文の点数が下がっているので、今年はLSから離れた分、演習不足だったかなと。

<行政法>
・教科書
私は法学教室2004-05年度連載の宇賀克也「ベーシック行政法」を使っていました。
それがまとまったのがこちらですね。

これも今年は譲り受けて使用しました。
判例も多いし、わかりやすいと思います。

・判例集
行政法の命ともいえる判例。
講義でもっとも判例を扱ったのが行政法かもしれません。
講義で使用した判例をまとめたものをベースにずっと使いました。
百選以外では…、ケースブックがいいのかな?

・問題集
旧試験の過去問がないので、やっぱりLSの演習と期末試験を中心に。
法学教室連載の演習(2006年度など良かった)ぐらいですかね。
評判のよい演習本も出始めましたね。

行政法は今のところ①争える訴訟+手続き②処分性③原告適格・訴えの利益④本案で争う違法事由
と、だいたい論ずる点が決まっているので、それぞれの判例を読んで理解するのがよいのではと思います。
なんて、たいした評価でもないので、えらそうなことはいえませんが。

|

« BOOKUOKA:一箱古本市に出店 | トップページ | [BarExam]使った本など(民事系編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56419/42867868

この記事へのトラックバック一覧です: [BarExam]使った本など(公法系編):

« BOOKUOKA:一箱古本市に出店 | トップページ | [BarExam]使った本など(民事系編) »