« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

[Sports]ほんとにまぁ

(ちょっと今さらですが)そんなオチでいいのか、と。

ツール・ド・フランス優勝のランディス、薬物反応で陽性 � :CNN.co.jp- スポーツ

まあまだどうなるかわかりませんけどね。
スポーツ仲裁がらみでも、ドーピング問題は真剣に考えないといけませんなあ。
特に陸上とか(ガトリンさんの件しかり)自転車のようなアスリート競技では深刻みたいですね。

それはそれとして今年のツールはほとんど見られなかったです。
来年はゆっくり見たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ええ話

だなあ、と思ってしまいました。

「数独」パズルを世界の人の糧に -asahi.com :フロントランナー - be-business

>★夢 アフリカの子供らや、戦争をしている国に軽飛行機から「SUDOKU」のビラをばらまく。

カップヌードルのCMみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Studentenleden]コモンズ、アンチ・コモンズ

珍しく学問ネタですが引かないで下さい。

CNET Japan Blog - Lessig Blog (JP):アンチコモンズ問題、理論と実際

コモンズは聞いたことあるけど、アンチ・コモンズってなんだろうー、と思っていたら
98年には出ていた話なんですね。ふうん。
日本でも、Winnyとの関連で論じられたりもしているらしい。

レッシグさんの「CODE」「コモンズ」は人を殺せるほどの厚さですが、山形浩生さんのいかにもな訳で楽しく読めますよ。って私も拾い読みですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オヤジって

いわれるとちょっと辛い。
ま、そりゃ、たしかにまごうかたなきオヤジですけど。

キーワードは「オヤジたちの反抗」 30代の活躍目立つasahi.com:-W杯2006

ジダンもフィーゴも72年生まれで、勝手に同級生の気持ちでいるのです。
私は73年の早生まれなので。
大泉さんは同い年だけど学年はいっこ下。
うーむ、大泉さんはまだオヤジとは言われていない気がする。
意外に大台じゃなくて、このへんに深くて暗い河があるのでしょうか。

いやそれにしてもジダンの頭突きにはびっくりしたなあ。
井原さんもフォローしかねてましたね。

そして祭典も終幕。
これでツール出場の皆さんも自分の走りに専念できることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WAになって踊ろう

たいへん遅くなりましたがバトンに答えてみます。

[輪を作ろうバトン]

┗新空ちはら→佐和コウイチ→藤ちょこ→日原玲
 →虎津→狸狗子→絢→佐佑→ルク→三笠麻都
 →愛水麻彩→十一花ぱぴら→采乎ロゼ→逢儚さくあ
 →ぴま眞白→うさぎ→羽霧神無→炬景→Reibu→きずのわち
 →輔高→サキク→とき→浮村眠。

・貴方のHNを教えてください。

 浮村眠です。
 アナグラムですが今となっては本名でもない(笑)。

・貴方のサイト名を教えてください。

 「夕日丘日記」
 始めたころに住んでいた場所のもじり。

・いつからこのサイトを始めましたか?

 2004年10月1日からです。

・管理人歴はどれくらいですか?

 管理しているわけではないですけど。
 1年半もやっているんですね。最近開店休業ですが。。

・サイトのジャンルと属性について割と詳しく説明してください。

 もともとはOver30のロースクール挑戦日記です。
 今もそのつもりです。
 でもマンガとスポーツばっかりじゃん。といろんな人に言われます。
 おかしいなあ。

・訪問者さまにぜひ行くべきだ! と貴方がお薦めできるサイト様を五つ。

 リンク先へどうぞ。。
 個人的にはアサヒ・コムと日刊スポーツと中国新聞カープ情報とほぼ日はほぼ毎日見ます。
 週に一度は「WEB本の雑誌」と「E・recipe」を見ます。
 
・貴方のお知り合いの管理人様に繋げられるだけ繋いで下さい。ジャンルは問いません 。

 うーむ。輪になるとはとても思えませんねえ。がしかし、よかったらどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Sports]ありゃまあ

ワールドカップが続く中、自転車の祭典開幕。
アームストロング「後」の最初の覇者は誰だ?!と盛り上がるはずでしたが。

大激震:J SPORTS STYLE cycle road race BLOG ツールへの道

ウルリッヒもバッソも引っかかったのかー。
どうなるんでしょうか。
ドーピングに関しては世間の目は厳しくなるばかりですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »