« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

[Studentenleben]2/3

2004年に入学してから、はや2年の月日が流れ去りました。
街でベージュのコートを見かけても、またトレンチ流行っとんのかと思うだけですが
(もうええって)、学生生活もあと1年の予定、そう、私は4月から受験生となります。
おぉー。15年ぶりの受験生。

ということで、すこし振り返りを。
2年目の今年度は2年コースの方と同じクラスとなり、
ついていけるのか不安でしたが、結果的には、全体の割合的な順位は
むしろ上昇傾向でした。
といってもまったくの真ん中から、ちょっと上に行っただけですから、
全然たいしたことありませんが。
なので、2期未修者の方も臆することありませんよ。

個別に見ると、大丈夫そうな科目とアカン科目がはっきりしてきました。
民訴と会社法は確実に勉強不足なので、みっちりやる必要がありそうです。
あと、刑法は苦手意識がないのに点が取れないという
ヤバヤバスパイラルに陥ってます。これは何とかしないと。
民法・行政法・刑訴はだいぶ安定してきたようです。
あ、憲法も決して成績はよくないですが、高校時代の現国のような勝手な安心感が。

春休みにちまちま勉強した感じでも、授業の成績と理解度はそれほど
離れていないようなので、これまで授業の予習とテスト前の復習をメインにしてきたことは、
間違ってはいないようです。
刑法については若干再検討が必要ですが。
また、基礎科目以外の勉強もいろいろと役立っているように感じます。

ただ、4月以降は必修の基礎科目は激減するので、司法試験用の勉強と
授業の勉強が一致しなくなりそうです。
なので、ちょっと今までの2年とはシフトチェンジを迫られますね。今のところ模索中です。
ゼミなどでの勉強も増やそうかなあとも思ったり。

そういうわけで、門外漢の年寄りにはイバラの道だなあと思うことも多々ありますが
(特に通学校は厳しい気が)、なんとかやってますよ。
他の方のblogも励みになり、参考になっているので、私もたまには
役立つことを書きたいのですが、なかなかおぼつかないのが残念です。

昨日、思いがけず高校の先生にお会いして
「まあ、自分で決めた道だでなあ。がんばってな」と言われました。
よい報告ができるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Sports]野球好き

を自認するのに、一言も触れないのも不自然かなあと。(よけいな心配)

【WBC】王監督「世界レベル仲間入り」 - 野球ニュース : nikkansports.com

あの、ホント、いい試合でした。
というか、いいチームだったですよ、日本は。それから韓国も。
守備がすごかったもんなあ。小技も長打もいいところで決まってたし。
こういうチームだったら、自然に応援したくなるよなあ。って感じでした。
で、応援して勝ったら、それはまあうれしいですよね。

そんなわけで皆さんお疲れ様でした。
妙なスイッチが入ってた(悪い意味でなく)イチローも、
久しぶりに野球が面白いと思えたんじゃないかな、と勝手に思ってました。
さ、この余波でどこのリーグも盛り上がるといいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

大分探訪

残り少ない春休みを惜しむべく、小旅行をしました。
今回は国東半島と別府温泉。
次から次へと重文だの国宝だのが現れる、えらく贅沢な旅でした。
国東半島、おすすめです。車がないとちょっとつらいですが。

別府温泉は、学生時代に宿泊して以来でしたが、街の大きさにびっくり。
お店もいっぱいありました。
竹瓦温泉で風情も楽しめ、
酒饌 もり澤」で焼酎と海鮮、地鶏を堪能しました。
よかったですー。
やっぱりあれぐらい歓楽街が大きいと、
ガイド本情報よりも実地で探す方がいいですね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

森のサッカー場

博多の森競技場で、5年ぶりのJ1の試合。

福岡J1復帰初勝利またお預け- 日刊スポーツ九州

うれしげにユニフォームを買って、行ってまいりました、開幕ホーム戦。
惜しかったですねー。
だいぶ選手も覚えてきたので、これからはもっと楽しめそうです。
隣の女性3人組も、ユニフォームかぶってタオル巻いて、なかなか気合の入った応援をしてました。

しかし、その盛り上がりも浦和には遠く及ばないですね・・・。
昨日も5万人って。通算500万人って。
お化けクラブですなあ。

浦和観客動員500万人を祝う3発/J1 -nikkansports.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Easy to love

春休みも残り少なくなってきました。
さびしいなあ。

さて、一週間前になっちゃいますが、博多で映画を見てきました。

僕のニューヨークライフ

私が予告編を見てストーリーを少し勘違いしていたため、
相方ともどもちょっと肩透かしを食らったのですが
相変わらずのウディアレン節でございました。
よりストレートに、より濃い味付けの印象。

女優・歌手の卵と若いコメディー作家の
恋愛どたばたが中心なんですが、
ディナーの約束をしていたのに雨の中2時間待たせた上に
ご飯食べてきちゃった、とかいう彼女の身勝手ぶりが妙にリアルで、
たいへん魅力的でしたね。

アレン氏ご本人もぶっ飛んでおりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[News]刑事事件にまつわるいくつか

のニュース。

代用監獄に法的根拠 法改正案「留置施設」と定義 -asahi.com:社会

うーむこれはどうなんでしょうかねえ。
留置場での勾留が正当化されてしまうと。接見はしやすくなることが多いのでしょうけど。

電話接見は予約制 発信は弁護人からだけ -asahi.com:社会

で、接見できないときの電話接見。
「盗聴などしない」そうです。ま、それはそう言うとは思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »