« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

博多ぶらぶら

少し暖かい年の瀬ですね。

昨日は相方と博多区かいわいのお寺を少しまわってみました。
鎌倉時代からの禅寺が多いんですね。
新しい大仏があったりして、面白かったです。

キャナルシティのみやげ物屋で噂?の「赤い恋人」を購入。
おいしかったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私的10大ニュース

みやっちさんの呼びかけに答えたはいいですが…
明らかに締め切りを過ぎてますね。すみません。
今さらですがこのような1年でした。

1.福岡へ引越し
なんと14年住んだ大阪から福岡へ本拠の引越し。
超タイトなスケジュールで二人とも死にそうでした。
相方の今年の「3大イヤだったこと」に入るらしいです。

2.福岡で地震
引越し前に本震、引越し後に余震。
本拠はそれなりの被害を受けました(私は居合わせず)

3.相方の転職
それに伴い福岡へ。

4.尼崎の脱線事故
ショックの大きい、いろいろ考えさせられる事故でした。

5.入籍
諸般の事情で、今さら。(5年越し)

6.初の単身赴任
それは当たり前か。移動が多い年でした。

7.カナダ旅行
北米初体験でした。アメリカへちょっと行ってNBA観戦もしました。

8.コビー(高速船)大揺れ
台風なのに釜山行きを決行したら大変なことに。帰りは欠航。

9.北東北に立つ
憧れの東北旅行を達成しました。

10.カープ最下位
久しぶりっちゃ久しぶり。なんだかなあ。

来年は勝負をかける年なので、勉強をがんばらないと。
平穏な1年だといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[Studentenleden]PGMの職務著作性

ちょっと前ですが、プログラムが「職務著作」であるとされ、従業員の著作権が否定された判決が出ました。

人工衛星プログラムで職員の著作権確認認めず・東京地裁  -NIKKEI NET:IT-PLUS

旧宇宙開発事業団はPGM「内作」には消極的でメーカー依存であった、
それに反対して勝手に作ったんだ、という原告の主張は認められませんでした。
職務性の判断にそのへんの事情が入るか、というと難しいのかもなあ。

判決文はこちら→H17.12.12 東京地裁 平成12(ワ)27552 著作権 民事訴訟事件

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「同期」な人々

いよいよ歳末モードですね。
今やってるレポートが終われば、とりあえずほっとできるのですが。
終わるまで帰らないぞ!

ところで私は95年入社(=社会人デビュー)なので、つつがなく勤めていれば
4月に勤続10年でした。
ということは、今年デビュー10周年を迎える人たちと、「同期」ですね。
今年10周年は
V6
山崎まさよし←10周年記念サイト
平井堅
といった面々のようです。
みなさんいろいろ記念イベントをやってます。
まさやんは紅白出場とか。

こっちは勤続していないので何もイベントないですねえ。
同期のみなさんの活躍を励みにがんばりますか。
紅白…見るかなあ。みのさんが私にはかなり障壁なんですけど…。
久米宏と黒柳徹子がやる日は来ないのかな。

V6が降ってきた!10周年ツアー東京公演 -nikkansports.com

| | コメント (2) | トラックバック (0)

野球小僧よ永遠に

最近野球の話ばっかりですね。そうでもないか?

さて私の認定する「永遠の野球小僧」クドカン、紅白に出場するらしいですが(相方情報)、
本業のほうも。

「木更津キャッツアイ」完結編、来秋公開 - nikkansports.com

「取って来いよ1年!」ですよ。「野球しようぜ」ですよ。
またギャルに混じって観に行くのは恥ずかしいですが、ともかく
「ただいマスター!」
お帰り、キャッツの面々。(ぶっさん、まだ生きてるのかな??)

それから遅くなりましたが

野球好きでないいもうとのハートもわしづかみ。
力を感じますねえ。
この巻で予選が始まり、試合自体の描写はどうかな?と思っていたのですが(えらそうな)、
杞憂でした。うーん、このひとも野球小僧だわ。
特に初回、4番田島くんの打席の緊迫感はすごい。うまいわ。
いやいやホンマ次巻が楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[News]仰木マジックよ永遠に

もちろんイチローほどではないけど私もショック。

イチロー、仰木氏の死に言葉失う -asahi.com:スポーツ

強くて面白いパリーグの立役者でした。
まだまだ激動のプロ野球に尽力いただけると思っていたのに。
残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[Studentenleben]学ぶこと

気づけば12月も中旬です。
なんだかんだで2年近く、法律を学ぶことをメインに過ごしてきたわけですが…

入学したときに「3年やってモノにならなかったら一生やっても無理だろう」
と軽く考えてましたが、思ったよりずっと、この海は深くて広かったのでした。
資格を得るのにこの海を渡れというのが無理だよなあ、とも思うけど
ま、やるしかないですねえ。
ぶざまでも、泳ぎつければいいわけだから、基礎体力をつけなければ。
その基礎は、うすーくですが、ついてきた気もしてます。
生来の勉強ギライの私ですが、ここまでは続けられましたし。

タッちゃんだって「2年間毎日練習」で甲子園で優勝したんですからねえ。
そういえば、「ラフ」も長澤まさみで映画化するらしいですねえ。
「ラブ★コン」もですね、読んだことないけど面白そう、って話変わってますが。

なんしかもう少し、学ぶことに専念する日々が続きます。
目指せ甲子園。(?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Sports]独立リーグから

愛媛マンダリンパイレーツの選手がカープと契約。
各地で野球チームができてますが、このあたりからイキのいい選手が
どんどん出てくると、面白いですね。
WBCもいいけど、サッカーの天皇杯みたいなのはできないのかなあ。

育成ドラフトで指名の中谷と契約 -中国新聞 カープ情報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[News]誤発注取消…

うーん。なんかどきどきしますね。
システムの過誤も医療過誤並みの重大・深刻な状況を生み出す世の中です。
背筋が冷えます。

東証システムの不具合が判明 大量誤発注取り消せず -ITmediaニュース

この記事によると

大量の1円売り注文を、値幅制限の下限である57万2000円の売り注文として「みなし処理」を実施したが

なるほど。システムで制限をかけていたのか。

不具合が起きるのは「新規上場銘柄で、かつ、特別買気配の表示中に 気配の差引数量を超え、初値決定後も売注文が残るほどの大量の注文が みなし処理の対象となるような値段で発注されたような場合」と、通常は考えにくい条件

ううーむ…。
よくわかりませんが、操作ミスとの相乗によるトラブルのようですね。
そのうち調査結果が出るでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Studentenleben]一個ウサギ

今週の刑法の講義はかなり熱かったです。
個人的には後期ベスト1講義でした。

せっせとパソコンで口述筆記していたのですが、ふと気がつくと「ウサギ」が出てきてました。
「一項詐欺」でした。
雪原に雪ウサギがちょこんと1つ、の景色が浮かんで、和んじゃいました。


急に寒くなったので、皆さん体調にはお気をつけ下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日常の疑問(2)

相変わらずいろいろな「なぜ」が生まれて、
それに律儀に答える人たちがいるのです。
人間社会とはそれで成り立っているのかもしれないなあ。

朝日新聞の書評サイトより。(中身は読んでませんのであしからず)

人にいえない仕事はなぜ儲かるのか? [著]門倉貴史-asahi.com: 読書ナビ-BOOK

儲かるから後ろ暗くなって、人に言わないのでは、という気もするけど。
どうなんでしょう。

朝青龍はなぜ負けないのか [著]松田忠徳-asahi.com: 読書ナビ-BOOK

やっぱり気になるのか…。
他が弱いから、だけではないらしい(本当か)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Sports]初優勝

元北摂住民としてはちょっとうれしい。

G大阪初制覇!宮本号泣13年間の思い/J1nikkansports.com-なにわWEB

なんだかんだいって一番ガンバの試合見てますしね。
相方はもうアビスパ(祝J1復帰)の観戦数の方が多いのかな?

松波は大黒と交代して優勝決定のピッチに立ったと。
Jリーグ黎明期の男前選手も引退ですか。まだ31歳なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

食べた、飲んだ、並んだ

「ばか」が我が家を訪ねてくださいました。
「有朋自遠方来 不亦楽乎」でございました。
(この前に「學而時習之 不亦説乎」がある。並べられるのか…)

「かぼす亭」で酢モツにはじまりゆず胡椒を薬味に焼き鳥その他の串物を食らい、
「黒霧」でハイになりつつ、むりやりもつ鍋雑炊でシメて、
お土産の長崎伝来カステラに梅が枝餅に鯛焼きと甘味も大量摂取。
そして特別展最終日の九州国立博物館ではひさびさに行列に並び
けったいなデザインの兜や金ピカ冠を「一瞥」して、
縄文土器に感動。
エスカレーターもすごかったな。

次回までにもっと福岡「観光」を研究しておきますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »