« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

[Studentenleben]業界用語

オトナ語の謎」なんていう本が出るくらい、
業界の数だけ業界用語があるわけですが
(業界を横断する会社用語がとても多いことにもびっくりしますが)
ま、当然法律界も業界用語であふれているわけです。

そのなかで、使い方が特徴的だと思ったのが
・プロパー
固有という意味で使われているんですね。
「家族法プロパー」とか。「択一プロパー」とか?
こっちが普通なのかもしれませんが、
私がいたIT関係ではプロパー=社内要員という意味でした。
外から来てもらう人との対比で。

・筋が悪い
よくわかりませんが、論理の展開の方法や着目点がイマイチだなあ
というときに使われるようです。
がんばってしゃべってこう言われると、かなりがっかりします。

・rigidな
強固な、とかきちんとした枠がある、とか言うときに使う言葉ですね。
これは聞いたことなかったです。
たぶん一般企業にはrigidなものはほとんどない、からかなあ。

後は、カタカナが意外に多いことにびっくり。
メルクマールとかアドホックとかア・プリオリとか
クルパインコントラヘンドとかアジャンプロヴォカトゥールとか
レイシオ(ラチオ?)デシデンタイとか
聞いているだけでお腹いっぱいです。
英語じゃないもんなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Studentenleben]法律を好む人々

ある先生が、法律好きな人同士のコミュニティは付き合いやすい、
というようなことをおっしゃっていました。
要はとても合理的だと。
その先生は企業勤務の経験があるのですが、
世の中にはとにかく自分が有利になるまでゴネる、という人種が存在すると。
で、そういう人と取引(社内にせよ、社外にせよ)することになると、
とにかく疲れると。ほっとくとどんどんこちらに不利な条件にしようとするから。
その点、法律を好む人は公平性や対価性を重んじるから、
そういうのが嫌いな人が多い、ということらしいです。

ふうーん。と思いました。
私の企業勤務の経験からしても、そういう手間のかかる人はいましたね。
ゴネ得や押しの強さがものをいう世界も、確かにキツいものです。
なるほどねえ、ルールがあればそういう苦労は減るのか。
一理あるかな。

それとは別に、私の周りのロースクール生にも、一定の傾向があるような。
・素直でまじめ
・比較的愛想がいい
・物怖じせずに意見を言う
・プライドがとても高い
感じの人が多いなあ、と。特に若い人たち。
プライドが高いことは非常に大事だと思いますけどね。
みなさんよい法律家になりそうだなあ、と思っています(ひとごとかよ)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Sports]おめでとう

広島の職人がまた歴史に名を刻みました。おめでとう。

野村謙二郎2000本安打特集-nikkansports.com

ケガにも負けない努力と才能の人。私も少しは見習ってがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

[Studentenleben]賢人との対話

6月の残りはロースクール性(?)強化月間ということで、所感をいくつか。

多くのロースクールで「ソクラテス・メソッド」といわれる対話型の授業が行われていることと思います。
私の在席するロースクールもまたしかり。
といっても、前もって厳密に当てる順を決めておく先生もいれば、
本当に目に付いたままに指名する先生もいて、パターンはいろいろです。
いずれにしても質問されて、答えるわけですが、
なーんかうまくいかないなあという授業もありますよね。
お互いに疲れるという。

で、学生側からの要望としては
・できればどんなことが質問されるかは、前もってわかっておきたい
一番いいのは、予習レジュメに質問が書いてあること。
そうでなくても、レジュメに今日やる項目が書いてあれば、それについて調べておけるので。
先生の中では関連するのかもしれないが、まったく予想外の質問をされても答えられません。

・板書と対話型は両立しないのでは?
レジュメがなくて、その日にどーっと板書されるスタイルの先生も何人かいますが、
それを写しながら答えるのはかなり難しいです。
そう考えると、(どうせ板書するなら)レジュメを配ってもらった方がありがたいんですけどねえ。

・質問あっての答えです。
できれば何を答えてほしいかを明確にしていただきたいのです。
「どうですか?」って聞かれても。
ま、知らない定義を聞かれてどぎまぎするのも恥ずかしいですが、
それは「これは必要な知識なんだよ!」と教えてくださっているということで、ありがたいことだと。
絶妙だなあ、という先生も、いらっしゃいますよ。

とにかく、お互いに協力し合って授業を作っていく必要があるんでしょうね。
「質問もう一回お願いします」はできれば言いたくないんですが(我慢強く繰り返す先生には頭が下がる)、
語尾でえ、今の質問だったの?なんてときに当たると苦しいですねえ。
指名してから質問してください、というのは甘えすぎでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

虎を見た

久しぶりに動物園に行きました。
子ども、多いやん。とか思うんですけどね、ああいうところに行くと。
私の周りにも赤ちゃんけっこういますし。とはいえ、私を含め、知り合いの女性に
全員子どもがいるかというとそうではないので、それはやっぱり少子化なのか。うん。

シマウマを見るたびにいつも驚きますが(しっぽとかたてがみまでツートンなのね)
虎を間近で見られたのがすごかったですね。
怖!顔デカ!という感じでした。

ジョゼと虎と魚たち」では、
「好きな男ができたら一番怖いものを一緒に見よう、
できなければ、一生虎は見られなくてもかまわない(かまへん)」という文脈で使われています。

それで、一緒に見た男の子に、「感謝しいや」って言うんですよ。これがたまんない(?)なあ。
確か原作でも言っていたはず。

ま、そういう週末でした。また遊びましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Sports]投げる人々

すごいなあ、日米200勝。おめでとうございます。

野茂英雄200勝特集 -nikkansports.com

私が今さら言うことじゃありませんが、ムリヤリ道をつけたこの人は偉いよ。パイオニアだよ。
野球好きとして素直に尊敬する人です。

メジャー(というかアメリカ)に行きたい人は多くて、それはもう、どんどん行けばいいんだけど
「通用」するとかしないとかという議論は、私は好きじゃないんですよね。
日本でメジャーリーガーが全員活躍するかというとそうじゃないし、
タイミングとかチーム事情とかいろいろあるじゃないですか。
ま、もちろんレベルの違いもあるのでしょうが。

サッカー選手が海外でプレーするのは「世界市場」という意味があるけどね。

あと、この人もまあおめでとう。先は長いよ、精進精進。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Studentenleben]占った

ロースクール生らしいネタですよ。

あちこちのサイトで話題の法律占いをやってみました。

浮村眠さんは 民法93条 です!
● 民法93条【心裡留保】
民法93条さんのあなたは、凡人のふりをしたがる才人です。ほとんどのことは人並み以上にこなせるし、いくつかのことは、人よりもずっと上手にこなすことができます。けれど特別扱いはしてほしくないと思っているので、わざと失敗して見せたりすることも…。 そのようなあなたの試みは大方成功しており、見た目気軽な雰囲気を持っています。そのせいで人に軽く見られがちでもあるのですが、かといって爪を見せないのがあなたなのです。 一方、自分が苦境に対峙すると、「こんなこと、どうでもいい」と言ってしまうような子どもっぽさもあります。基本的には寂しがり屋で、人が好きです。
● 浮村眠さんの開運ポーズは、鳳凰の構えです!

いやぁ、大受けです。
才人でも何でもありませんが、できないと「できなくてもいーもん」というところは大当たりです。
「爪を見せないのがあなた」…。まあ、偽善者らしいですからねえ。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

[Comic]家に帰ったら

あったマンガ。
(ホンマ、ロースクールの話がなくてすみません。毎日がっこ行ってます。
レポート出してます。飲み会もありました。またいずれ書きます)

昨年の大晦日に、なぜかNHKでアニメが放映されていて、ぼんやり見てたので
だいたいあらすじは知っていましたが、マンガ、なかなか良かったです。
こちら宇宙の何でも屋、でなはくて(古っ!)浮遊物回収屋のお仕事マンガなんですが、
よくある話といえばそうなんだけど、登場人物の表情がとてもいい。
ユーリという人がかなり好きですね、うん。
といっても1巻しかなかったんですが。そのうち2巻以降もあるに違いない。

ところでどうしても「プラテネス」って言っちゃいます。
でもそれで検索しても引っかかるNHKのサイト、すごい。(しばらく気づかなかった)


「浦沢直樹があまり好きではない」にもかかわらず、相方が買ってました。
まね、確かに「引き」がうまい。1話目、2話目はかなりのインパクトでした。
でもなあー、人間そっくりのロボットという設定自体にいまひとつ乗れないんだよなあ。
そういう話なんだから仕方ないですが。
アトムがアイスクリームを食べるところは、切なかったですね。
相方は「やっぱり浦沢節だよなあ」みたいなこと言ってました。

これは家にあったわけではなく、から借りました。
私は「こどもの体温」とか「愛すべき娘たち」を読むと、必ず泣いてしまうんですが
食べ物がとてもおいしそうなんですよね、よしながふみのマンガ。
で、その根源というか執念を見た!という感じのエッセイマンガでございます。
相方は「かなり嫌かも・・・」とつぶやいてましたが、ホントすごいもん、執着が。
ウンチクたれで、押し付けがましくて…。でもやっぱり「愛すべき」キャラクターなのでした。

しかし。マンガばっかり読んでますね。と思われてもしかたないよなあ。
判例も読んでるんですよ。一応。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

[Sports]めったにない

明るいニュースなので、今さらだけど投稿しておこう。

黒田投手5月度月間MVP受賞!

も、交流戦負けまくりですが、とりあえず守備集中でがんばってこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Sports]大黒!!

まま、そういうわけで、おめでとうございます、川渕さん。
私も、泣きそうになってレポートやっつけて、ライブで見たかいがありましたよ。

日本決めたW杯、一番乗りだ - nikkansports.com

ヤナギ(サッカー辞めないでよかったね)もよかったですが、やっぱり大黒ですね。
あの飛び出しがいいんだよなあ。フォワードの鑑。

しかし、パスがなかなかつながりませんでしたね。さすがにコマ不足?
にゃんまげ(イナモト)も、もう少しやせた方がいいんではないだろか。みんな言うことでしょうが。

では、相方の一言解説。「アントラーズがらみ&海外以外に、もっといい人材が
Jリーグにいるんちゃうか。中田浩二とか加地の代わりはおらんのか」

まあ、そうかもねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

タバコとコーヒー

本当に久しぶりに洋画を見ました。

コーヒー&シガレッツ

ジャームッシュですよ、懐かしい。
「ストレンジャー・ザン・パラダイス」「ミステリー・トレイン」「ナイト・オン・ザ・プラネット」…。
大学から社会人2年目ぐらいが一番映画をよく見ていましたが、
「ナイト…」のウィノナ・ライダーはかわいかったなあ。

全編ひたすらテーブルの上にはコーヒーとタバコ、三谷作品を思い出させる
「気まずい2人(ないし3人)」が繰り広げる会話は、うっすら笑えるような、
苦いような、まったく意味のわからないのもあったり。
まあ、業界ネタみたいなのは全然わかりませんでしたね。

イギー・ポップの歌に、若かりしユアンくんも思い出しました。(「トレイン・スポッティング」!)

晩御飯は馬肉屋さん。うーん。もう一つ、ぱっとしませんでしたな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[Sports]王手

ということで、よかったですねぇ。

日本勝った!3大会連続に王手/W杯予選 -nikkansports.com

とはいえ、前半寝ていたので小笠原のゴールも見てないのですが、
まあばたばたしながらも、バーレーンのスタミナ切れも手伝って、
点を取られなかったのがよかったですね。

しかし、また川渕キャプテンは泣いたと。歳をとられましたな。

それにしてもジーコさんはこだわりがないと言うか、何でもありですなあ。
1トップで柳沢って、びっくりだ。
どんな形でもそれなりに対応できるところが、今の日本の底力かもしれませんが。

では相方の一言解説を。「寝んな!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »