« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

[Studentenleben]一元管理とプライバシー権

住基ネットで(限定的な)違憲判断が出ました。

住基ネット離脱認める プライバシー侵害認定 金沢地裁 - asahi.com:社会

「住所、氏名、生年月日、性別」が法的保護の対象になる(えーと、
講演の名簿提出事件…)のは認められる方向でしょうが、
あとは、もともと行政側にあったこれらの情報に、コードを付けて
一元管理することで、新たな侵害が発生したといえるか、ですかね。
今後も各地で判決が出るようなので、注目したいところです。
(相方に教えてもらうまで気づかなかった。もんじゅも。ちょっとニュース難民)

※言ってる間に今度は請求棄却です。
住基ネット請求棄却 名古屋地裁、判決一転 -共同通信

| | コメント (2) | トラックバック (0)

縦のつながり

先日、私がピチピチ(?)の新入社員だったころの
会社の先輩にお会いしました。
かなり年上の方ですが、ずいぶん仲良くしていただきました。
会社って、年が離れていて、立場が違っていても
同じ目的で長時間一緒にいるので、
独特の連帯感が生まれる(場合がある)んですよね。

そういう縦のつながりも、会社に勤めると「社会人」と
言われる一つの理由なのかなとも思います。

ま、単に久しぶりにお会いして楽しかったというだけなんですが。
学校では、横のつながりを大事にしないとなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[News]気をつけようがないことも

サイトにアクセスしただけでウィルス感染することもある世の中です。
あやしいサイトだけが危険なわけではないですからね。
自己責任といわれてもねぇ。

[Analysis] 価格.comは被害者か、加害者か?-@IT

5月はえんえん契約自由と契約正義について考えている間に終わりそうです。
身になる考察になるとも思えませんが。


---
ナイピ、黒田!
楽天さん先日はすみませんでした。
でも今日はおめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Studentenleben]プライバシー徒然

講談社が逆転勝訴、中田選手のキス写真掲載で・東京高裁-NIKKEI NET

ま、一審の言うとおり「キスは私的な事実」には違いありませんが(誰と誰のキスであれ)、
他誌で掲載済みであることが保護価値を下げた、という側面はあるのでしょう。

個人情報持ち出し年賀状送る、容疑の医師を書類送検-NIKKEI NET

見出しで、ええ?勤務先の名簿で年賀状出して捕まったのか?って
思いましたが、元勤務先から窃取したと。うーん。泥棒ですやん。
しかし、名簿の価値って、ここ10年ぐらいで高騰してますよね。
バブル時代の土地のようだ。
IT技術によって、広告の個別&大量送信ができるようになった
こととも関係してるのでしょうか。

それにしても、中身でなくて、表層的な情報には
流通価値がつくというのも、なんか変な感じですねえ。
中田ヒデ(宮沢りえ)みたいに、中身によってしょうもない事実にも
価値が出るというパターンもあるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Sports]頼むわ

自習室で速報を横目に、やれやれ今日は勝てるわ、
15点も取ったのかあと思っていたら。
なに!まだやってんの?
しかも15-14?1点差?!

ホンマ頼んますわ。

両軍合わせ42安打30点!広島逃げ切る - nikkansports.com

これで負けてたら目も当てられないからなあ。
交流戦、おもしろいけど、なんか分が悪いぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[Comic]今さらながら

今さらこんなところで紹介するまでもないのでしょうが、新刊買ったので。

法律界の方もわりに読まれているというこのマンガ、
昨年末のやや自暴自棄になっていたころ、一気買いの一気読みをしまして。
予想通りにおもしろかったです、はい。
とうとう千秋さま、12巻にしてのだめワールドに堕ちてしまいました。
よくできたマンガだなって普通に感心してます。脇役もみんな生き生き。
がんばれ黒木くん。

週刊誌連載(しかもジャンプ)というのが信じられないぐらいの
こむずかしいー、しかも非常に危うい倫理感覚(最初はね)の細密マンガ。
こっちは相方が買ってます。
特に3巻ぐらいまでのサスペンス感というのはすごかったですね。
(文字通り)憑き物の落ちた主人公はイマイチつまんないヤツ(ズバリ村上直樹だ)ですが、
ここへきてミサミサがけっこうやるな、という感じです。
元憑き物の(死神。ど根性ガエルっぽい)リュークんの再登場はまだか。

ところで今日、近くにジュンク堂を発見して行ってきましたが
ナンバーファイブ 8巻(最終巻)が2月に出ていた!
ギャラリーフェイクが32巻で終わってた。もうずっと読んでませんが。
・上條淳士の新装版「Sex」も7巻完結してた。本当に終わったのか?

時間の流れを感じました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

なんとまぁ

びっくりですよ。
午前中の授業を終えて、いそいそとうめだ阪急に向かったら、
「3時間待ち」ですって。
阪急うめだ本店「初夏の北海道物産大会」にHTBグッズショップが出店!

7階の催場の一角にあるショップに入るために、3階まで人が並んでいるという状況でした。
平日の真っ昼間なのに。
おそるべし「どうでしょう」パワー。
(「本日の日記」5.11分参照)

それにしてもなあ。その場で何か作っているというのならともかく、
単に売り場に入るだけに、そこまで並ばせるというのもねえ。
まあ、事故を防ぐためなんでしょうけど。
それでも「皆さんお待ちいただいて」いるんだから、すごい。

というわけで、onちゃんグッズも木札ストラップも拝めずじまいでした。
こうなったら、本土上陸しかないかなあ。

---
5/13追記
昨日、ねぐらでテレビを見る機会がありまして、
大泉さんを見ましたよ。「食わず嫌い」で。

以下「どうでしょう」5.13「本日の日記」より。嬉野さんいわく

大泉さんもカボチャがお嫌いだそうですけどね。
席に着くときカボチャ見ながら座られたそうで、
そこが敗因だったなとおしゃっておりましたね。

あっさり敗れ去ってましたねえ。
北海道の人は、まだはらはらしながら見てるんでしょうか。
それとも、ちょっと寂しさを感じているのかな?

さらに言うならば、木札ストラップ完売らしいです。
すまぬ、相方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Studentenleben]契約と法律

何度も言いますが、
私は数年前までまったく法律を知らない人間でした。
普通に暮らしていると、30までそんなもんですよ。(違う?)

で、「契約自由の原則」とか「私的自治」なんていうのも、
まったく聞いたことなかったわけです。
今はまあ、なんとなくは知ってますけど。
民法の原則のひとつらしいですね。

契約は誰とでもどんな風にでも結んでよくって、
それで二人(とは限りませんが)が幸せならいいですよ。
ということなら、あんまり法律の出番はなさそうですよね。
それで私も、何も知らずに生きてこられたのでしょう。

何が言いたいかよくわかりませんが、
契約と法律って、思ったより複雑な関係だなあと。
契約正義とか、補充的解釈とか、法規違反の契約の効力とか
いろいろややこしいし、さらに国際取引だと
法律って言ってもどこのどの法律だという話になり。

うーむ。
1年経っても素人の意見にしかなりませんな。だいじょうぶか…

法教育研究会「報告書」
「私法と消費者保護」についてのモデル授業計画も載っています。面白そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の「へぇー」

レポートがなかなか終わりません。集中しないとなぁ。

ところで、今日は「コナモンの日」らしいです。
日本コナモン協会
いろいろイベントがあるようなので、大阪近辺の方、どうですか。

福岡からラジオを持ってきたので、ひさびさに802を聴いていますが、
そこで「ワイシャツ」と「カッターシャツ」の話をしていました。
カッターシャツって、西日本の方言なんですねえ。
で、もともとはミズノの創業者が「勝ったぁ」からつけたんですってねぇ。
ほんまかいな。
裏づけは今のところないので、ガセビアでも怒らないで下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

福岡の店

GW企画(?)
福岡で行ったお食事どころ備忘録。
ほんと、安くておいしいところ多し。飲食店自体も多いけど。

やま中2号店(もつ鍋)
私、もつ鍋屋さんのもつ鍋デビューでした。
おいしい…。にんにくすごいけど。

ミィトォーレストラン(ベトナム料理)
隠れた名店風情。ベトナムのお父さんが接客してくれます。
エスニックは高い店が多いけど、とてもリーズナブル。本格派です。
→店名変更後,閉店しちゃいました(涙)2008/05

鉄なべ であい橋店(鉄なべ餃子)
鉄なべ餃子自体は、相方はいまひとつだったみたいですが、
ごまさば、牛アキレス腱などたいへんおいしくいただきました。
中州だけに、値段はそこそこ。

かぼす亭(焼き鳥)
人気店らしく、早くからいっぱいです。のど軟骨とか変わった焼き鳥・串がたくさん。
おいしくて、安い(またか)。

台湾飯店(中華料理)
めちゃめちゃ街の中華料理屋の外観ですが、ここも本格派。
ご主人はだいぶご高齢ですが愛想よく対応してくれます。

今のところ、はずれなし。おそるべし福岡。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »