« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

[BarExam]興味深い

ロースクールニュースで入手した情報。
やっぱり新聞は一紙じゃダメですなあ。

ほぼ同じ情報から、導き出す結論がまったく違う、
という典型例ですね。

[司法試験]「合格者増」の要求は本末転倒だ -読売新聞

新司法試験の門戸を広く -NIKKEI NET社説


「ロースクール生が合格率が低いと不安を訴えている」
「設置数が増えたのだから、当初考えられていたより合格率が下がることは予想できたはずだ」
というところまでは一緒ですが

A.だから合格者数を増やして合格率をあげるのは本末転倒だ
B.せっかく集まったのだから合格者数の増加を前倒ししてもいいのではないか

うーん。面白い。
もちろん「充実した教育」とそれに応える学生の努力は大前提の議論でしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Studentenleben]逸失利益

発表だレポートだで、この一週間はずっとこのことについて考えておりました。

「逸失利益」とは、被害者が加害者の不法な行為によって、
将来にわたって得るはずであった利益を失ったとして、それを損害とするもの、です。
一番わかりやすいのは交通事故ですよね。

交通事故の加害者の不法な行為によって、
被害者は
・治療費など目に見える財産的損害
・目に見えない精神的損害→慰謝料
を受けます。
で、それらの償い(損害賠償)は金銭ですることになるのですが、
もうひとつ、「目に見えない財産的損害」として逸失利益が出て来ます。

この算定は、実際の交通事故においてはけっこう事務的に計算されるようですが
ひき逃げされた8歳少年への補償 - [交通事故の対処法]All About
いったい何を根拠に「将来得るはずだった利益」を算定するのか、と
考え出すとホントわからなくなります。

例えば、被害者の職業によって逸失利益が異なることは、
今のところ問題ないようです。
すると、まだ何になるかさっぱりわからない子どもはどうするんだ?
あるいは定年退職後の人は?
また(よくある教室事例ですが)その事故によってインスピレーションを得た
平凡なサラリーマンが、すごい芸術家になって何億という作品を生み出したときは?

もちろん、教科書や判例を読むと、それなりに現実的な解決が図られていますが、
難しい問題ですよねえ。
もう、一律にしたら?という説もあって、なかなか魅力を感じますが。

就学前の男の子と女の子では、算定基準が違うというのはけっこう有名な
話ですが、今後どうなるかに、私も実務家として関わっていければなあ、と
思ったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曲がない

確かに、今年は歌ってなかったですね、SMAP。
みんないろいろ忙しそうだったし。
我が家でも毎週香取くんを見ていました。
11月に入ってからロクなことないですよ、新選組。当たり前ですけど。

昨年大トリのSMAP…新曲なく紅白辞退  - nikkansports.com

これはとてもまっとうな理由だと思います。
毎年選ばれる人は何歌おうか考えるの大変ですね。
その中でTOKIOはがんばっていますねえ。ちゃんと曲出してるし。
11回目か。大御所ですな。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

[Sports]具体的な目標

確かに、キャンプ時に毎年「優勝を目指してがんばります」というのは、
あまり本気にしなくなってはいるけど。
だからといって「今年は優勝しなくていいけど、5年後の優勝目指してがんばります」
と言うのが具体的とは思わないような。

6年に1度優勝など目標を 広島で球団活性化話し合う -共同通信

コンテンツとしての野球が面白くなくっちゃ、客が来ないというのは
その通りでしょうから、選手の確保やモチベーション向上(このために
具体的な目標が必要)など、やることはいっぱいあるでしょう。

ともあれ、そういうのをわいわい言い合えるのが「市民球団」のいいところ。
がんばれ、カープ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうなるカルフール?

最近タイムリーにニュースを拾えなくて、いまいち鮮度に欠けるのですが、
土曜日に近くのカルフールを久しぶりに覗いて、帰ってきたら

仏カルフール、日本から撤退を検討 8店舗の売却打診  -asahi.com:

という記事が夕刊に載っていました。
あらー。カルフールが目玉のショッピングモールはどうなるんだろ、
だいたいフランスのスーパーにしては、チラシとかおしゃれじゃないもんなーと思っていたんですが、
実は

仏カルフール、日本撤退か・米紙 -NIKKEI NET:国際 ニュース

この話、日経や共同では10月12日に出てるじゃないですか。
うーん。朝日は独自ソースでつかんだ話だったんですかねえ。
その割には新しいことは出ていないけど。「打診した」ことぐらい?
一面だったけどなあ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

[Comic]capeta[6]

連続で漫画ネタで恐縮です。11月はあともう一つぐらいあると思いますが。

capeta(6)(KCDX)
曽田 正人

曽田正人といえば、「シャカリキ!」(自転車)「め組の大吾」(消防士)「昴」(ダンサー)と、
とにかく天才を描く!漫画家ですが、今回も天才カートレーサーの物語です。
ただ、ギリギリのところまで己を磨く、そのために人や自分を傷つけることをいとわない、
といった狂おしさは抑え目で(大吾や昴ちゃんはキツかった)、
比較的のほほんとした感じなので、肩がこらず楽しく読めます。
お話もこちらはきちんと進んで、中学生になった勝平太くんと愉快な仲間たち、
そしていまだ対決のないライバルと、キャラクターも魅力大です。

こうやって、新刊を楽しみに待って買うマンガがあることが、幸せだなーと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[Sports]よかったですね

昨日、浦和-名古屋戦にチャンネルを合わせた瞬間、
相変わらずのハイテンションぶりが押し寄せてきました。
真っ赤に揺れるスタンド、乱れ舞う紙吹雪(というか、紙)。

肝心の選手は緊張からか、ロボットみたいになってましたが、
まあとにかくこれだけ愛されているチームが優勝すると、
素直に良かったなあと思います。
去年の阪神と同じですね。

勝利の喜びを、十分に分かち合ってください。

苦節12年、浦和が1番になった/J1  - nikkansports.com > サッカーニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Comic]リアル[4]

年に一度のお楽しみ。ずっと書き続けてくれて、ありがたいですねえ。

リアル(4)(ヤングジャンプコミックス)
井上 雄彦

しかし、4巻に至っても、話はまったく進んでいません。
清春君のこれまでがすべて明るみに出ましたけど。
車椅子バスケマンガ以前に人間ドラマです。
はたして次巻あたりでは、高橋君(今回出番なし)は車椅子バスケを始めるのか??
そして野宮君はどうなる??

ところで、
井上雄彦氏は、何か月か前に「スラムダンク」一億冊(!)販売御礼で、
各紙に全面広告を出していましたよね。
その広告を担当したのが「さとなお」氏らしく、へぇーっと思いました。
「さとなお」氏の本業は広告マンですから、不思議はないのですが
「うまひゃひゃさぬきうどん」(知恵の森文庫)や、朝日新聞の連載「自腹で満足!」
などのイメージが強かったので。
何年か前に東京に転勤され、
関西のおいしい店リストが更新されなくなってしまいました。
さびしいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Studentenleben]サンプル問題

いまさらの話題になりましたが、昨日、2006年から実施される新司法試験の
サンプル問題が公表されました。

先週からネット上ではずいぶん騒がれていましたし、
今週に入ってからは大学でも授業の合間にひんぱんに
取り上げられていました。
おおむね先生方の対応は「予想通り」。
がんばって今までどおり授業についていけば、大丈夫ですよという
とても頼もしいものでした。
まあ、そういうしかないという気もするけども。

特に刑事系については、問題文が長くなっただけという感じで、
刑法の先生は、思った以上に変わらなかったねえとおっしゃってました。

もちろん判例を読み込んで長い事例問題に対応することも大事だけど、
とにかくこの1年は基礎的な事項をしっかり押さえて、手持ちの武器を磨け
というのが先生方の見解のようです。

新司法試験(必須科目)における具体的な出題のイメージ(サンプル問題等) -法務省

| | コメント (3) | トラックバック (1)

[Studentenleben]実務家の人々

昨日、今日と続けて、法曹実務家の方にお会いする機会がありました。
いやぁ、圧倒されました。いろいろな意味で。
とにかく「自分の信念」を持っていらっしゃるんですよね。だから強い。
どんな仕事でもそうなんでしょうけど、特に法律に関わると、
ある程度自分のスタンスというか、考え方の枠組みをきちんと
確立することが大事なんだろうなあと思いました。

なんとなーく斜にかまえているようじゃ、イキのいい法曹にはなれないのかもなあ。


・・・ついついテレビの「ピンポン」が気になって予習が進みません。
映画館で見ましたが、これよくできていると思いますよ。
詰め込みすぎという意見もありますが、原作のエッセンスを
凝縮したクドカン氏の脚本はさすがです。

原作マンガ「ピンポン」は我が家の本棚の一番にいいとこに陣取ってます。不朽の名作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いやいや

奥田さん、それはちょっと口が滑ったんじゃないですか~?
少子化は、そういう問題だけじゃない気がするんだけどなあ。

ご婚約で年末商戦に期待 トヨタ自動車の奥田会長 -共同通信

って、こういうのに反応する時点で「後ろめたさ」を感じてるんでしょうか、私。
うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Sports]ファン心理

くるりの岸田さん日記を見ていたら、カープに対する言及が。

ほんまに優勝出来そうな感じが微塵もあらへんにゃけど、楽天がどうとかコクドがどうとか清原が桑田がどやとか騒いでるなか、本気でこの球団心配なんです。絶対選手の総合力って低いわけではないと思うんですけど。今年の打線とか見てて最初はこら優勝かもとか本気で思ってたもん。

 カープよ、来年こそは本気のシーズン待ってます。

ほんとにおっしゃる通りです。「本気」でやってないわけじゃないと思うんですが
「勝てる気がしない」。どうしたもんでしょうかねえ。

吉行淳之介が「人を愛するということは、自分の分身を持つことだ」と
言っていますが、ファンはまさにそうですよね。
自分のこと以上に一喜一憂する。
だるいなあーと思うことも多い(特にここ数年はねえ)けど、
一つぐらいそういうものがあってもいいかなと。

音楽でもスポーツでも、ファンがいる人たちには、
自分が誰かの分身だということを、誇りにしてほしいし、
大事にしてほしいなと思います。
まあ「一ファン」からの勝手な言い分ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Studentenleben]組長と使用者責任

またまた私的にタイムリーなネタです。今週やったばっかり。

警官射殺:山口組組長の使用者責任を初認定 最高裁 
-MSN-Mainichi INTERACTIVE 今日の話題

末端の末端の組員がやっちゃった!ことについて、
山口組トップに責任があるかどうかについての判決が出ました。責任あり、と。
その責任に使われたのが、記事の語句解説にもありますが「使用者責任」です。

会社の事業に関係することで他人を害した場合に、
その従業員の使用者も損害賠償責任を負うという規定ですが、
今回はトップの組長が末端組員の「使用者」といえるか、と、
組員の行為が「事業に関係する」といえるかが問題になったようですね。

確かに同じ組ではないから、使用者といえるかは微妙ですが、
「代紋」とか使わせてるんだから使用関係にあるでしょ、ということらしいです。
うーん。構成員2万3000。大企業ですねえ。
また、この事件は他の組との抗争の巻き添えで警官が亡くなった
というものですが、「抗争」は暴力団の「事業」には密接に関係するんだ、
と判断されました。それどころか、裁判長は「抗争」そのものが「事業」と取れる、
とも言ってます。
まあ、組員にしてみれば仕事の一環には違いないでしょうからね。

今回みたいな明らかな不法行為(殺人)はもちろんですが、ユスリとか
みかじめ料要求といった「取引上」の不法行為にも使用者責任が適用されれば、
なかなかの抑止力が期待できそうですね。

最高裁の判決

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[Studentenleben]リスペクト!

それにしてもわが刑訴法の先生はすばらしい。
豊富な知識と的確な分析で、毎回高度な授業を展開されますが、
抜き打ちテストをやっても生徒から文句も言われず(人徳だ)、
おまけに「がんばりました」とおっしゃりながら次の授業には返却されます。
早すぎる!
しかもそれぞれの答案について詳細まで把握され、
あれこれ指摘されて恥ずかしい思いもしますが。

うーん。ホント頭が下がりますよ。
偉い先生で、お忙しいだろうに。
自分の勉強態度はもとより、勤務態度を思い出すと忸怩たるものがあります。
クラスメートも「好きなことを仕事にされたんでしょうね」と評していましたが
研究にも教育にも打ち込まれている姿に、深く感動するのでした。
ちょっとは見習わないとなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Sports]ゴールデングラブ賞

野球選手が良く「最も取りたい」といっているこの賞、
ドラゴンズから6人が選出されたそうです。1チーム最多だと。
やはり落合さんが開幕前に言っていたように、徹底的な守りのチームにしたんですね。
落合さんは守りの野球=つまらない野球とよく言っていたけど、本心は
違うような気がしますね。締まった試合こそが面白いと思っているのでは?

イチローがメジャーを変えたように、落合野球はプロ野球を変えるのでしょうか。
それにしても元祖守備野球の広島からは、一人も選ばれていないのがさびしい・・・。

今日は松坂も好投して、ちょっと未来に希望が見えてきました。(現金だなあ)

城島が6年連続、新庄は両リーグで受賞 Gグラブ賞  - asahi.com : スポーツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Studentenleben]ロースクール・ライフ

2005年度のロースクール入試も、佳境に入ってきましたね。
ここへきて、不安をあおる記事やら、それを覆そうとする声明やら、
「バカ」な制度と言われるやら、なにかと騒がしいので
受験生の皆様も、心穏やかではないのではないでしょうか。

特にお仕事をしていて、大学生活がずいぶん昔、という
ロースクール志望者の方に、私のここ半年の状況をお伝えします。
ご参考になればよいのですが。

[クラスの構成]
未修者クラスは27、8歳の社会人経験者が圧倒的多数派です。
女性は2割強で、大学からストレートの若い方が多いですね。
エリートな前職・資格持ちの方も多く、志を感じます。
・・・私はかなり肩身が狭いです。

[授業]
前期、後期とも週10コマ程度+オフィスアワー3、4コマ。
当たり前ですが毎日授業があります。
科目は3-5科目で、1科目週2コマが基本です。
(前期は民法が4コマあってほぼ毎日でした)
どの授業も範囲が事前指定されているので、
予習をしてこないと、当てられて困ったことになります。
だいたい1コマに1回は当たりますね。

[予習時間]
授業範囲の教科書が20ページ程度、
それに判例教材がいくつか指定されているので、
それらを読み、ノートにまとめたりして授業に臨みます。
まじめにやったら1科目2、3時間かかりますね。
でも私は適当なので、正味30分-1時間ぐらいでしょうか。
ちょっと見逃していると、授業でコテンパンにやられます。
ただ、答えられなくて覚えることもあるので、最近は開き直っています。

[先生・クラスの雰囲気]
はっきり言って4月は引きました。
すごくまじめでやる気にあふれていたので。
先生方の熱意は感動的なものがあります。
そしてそれに応えるクラスメートもすばらしい。ハイレベルですよー。

私なぞは「とんでもないところに来てしまった・・・」と暗くなっていたのですが
最近はなんとかペースがつかめたかなという感じです。

[仕事と勉強]
どっちが大変?という話ですが、
それはもう、仕事のほうが大変だと思います。お金稼いでるわけですから。
授業で答えられなくても、誰にも迷惑かけませんしね。仕事はそうは行かない。
また、お昼間に時間ができるのもちょっとうれしかったです。

[試験・成績]
心してかからないとマズイ、のは確かです。
やはり3年後の司法試験を考えたら、特に1年目は基礎的な科目が多いので
試験は良い機会だと思ってがんばらないと。(自分に言ってます)
何とか前期はクリアーしましたが、なかなか基準も厳しいですよ。

[総括]
とにかく昔の大学生活を夢見ていると痛い目にあいますが、
予習-授業-テスト準備でかなりの知識が得られます。
カリキュラムや先生方の雰囲気で、「これはついていったら何とかなる」と思えれば、
さほど不安なく学生生活が送れるのではないでしょうか。

長々と書きましたが、今何かと噂のロースクール生の生活は
こんな感じだと思ってもらえれば。もちろん1サンプルですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[Sports]後出しとはいえ

とにかく手を挙げてくれた楽天のおかげで、
合併・球団減の後始末をしなくてよくなったというのに
この仕打ちですよ。
もともと25人のプロテクト枠は、5球団が前提だったのだから、
そこを変えないままよくも話を進めるなあ、という感じです。

まったく・・・。もともと近鉄がおとなしく身売りをしておけば、
オリックスの選手があんなに分断されて、悲しい思いをしないですんだのに。

ここへ来て西武、ダイエーと次々に身売り話が出てるし、
日米野球も勝てる気しないし。

野球を失いかけてるんでしょうか。私たち。
心配です。

楽天オーナー、分配ドラフトに不公平感  - nikkansports.com

| | コメント (0) | トラックバック (1)

手のひらを太陽に

透かしてみたら、個人認証してくれるらしいですよ。
すごい時代ですねえ。

指を太陽に透かして認証―日立が静脈認証新技術 -ITmediaニュース

ところで最近、この歌を歌っているグループを、スペースシャワーTVで見かけますが、
(Lead?)この歌あんまり好きじゃないんですよね…。
なにゆえこの曲なのかなあ。

それにしても我が家のスペシャ視聴率はかなりなものですよ。
この年になってヒットチャートにめっちゃ詳しくなっちゃいました。
ムダだなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

文化の薫り

「文化の日」の前日、クラスメートに「明日は何か文化らしいことをしますか?」
と聞かれたからというわけではないのですが(本人は何をしたのか不明)、
文楽に行ってきました。
人形浄瑠璃ですね。
演目は「仮名手本忠臣蔵」の後半部分でした。
いやー、長くてびっくりしました。
4時半から9時までですよ。休憩はあるものの、ちょっと長丁場でした。
もっとも、忠臣蔵は特別長いようです。

私は忠臣蔵にとんと疎いので、ストーリーがわかるか心配でしたが、
太夫さんは思ったより口語調で、聞き取りやすかったです。
人形の動きも激しくて、はしごを降りたり、大立ち回りがあったり。
太夫さんの登場や、場面転換も全体的にからくりっぽくて、面白かったですよ。

しかし忠臣蔵、あだ討ち大肯定ですからね。
あだ討ちのためなら嫁の父も殺しますからね。
恐ろしい話ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Sports]功労者への褒賞

ここしばらく取りざたされていた、W杯予選メンバーのジーコ案は
AFCからの圧力もあったらしく、実現しなかったようです。

メンバーを選ぶのは監督の権限で、そこに監督のカラーが
最も表れる(らしい)のだから、どうこう言うことじゃないといえば、
それまでなんですが。

それで、選ばれる人はうれしいのですかね?
「日本代表」とは何なのか。
人によって、監督によって定義が違うということなのでしょう。

カズら功労者、日本代表に選出されず  - nikkansports.com

| | コメント (0) | トラックバック (1)

本日の格言

私は自他共に認める、格言好き(いややなあー)です。
おそらく加齢による現象なのではと思います。ので許して下さい。
今日はあまりにオーソドックスで、
ほぼ日スタッフにもゴチックにされているのですが、

俺は、特別なことは何もできないと思ってる。
特別なことができると
思っていることが、
若さなんだと俺は思います。
結局、自分がいままでやってきたぶんしか
できないんです。

まあ、そんなことは最初から思っていません、という反論が聞こえてきそうですが、
新撰組!」で西郷さんをやっている宇梶さんのインタビューより。
しかし、中島らもの、あまりにらしすぎる死は、80年代の「明るい悩み相談室」
愛読者としては、さびしいものがありました。
  
ほぼ日刊イトイ新聞 -お父さんのバックドロップ

あ、田臥デビューしたみたいですね。すばらしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Sports]Tabuse contracts with Suns

すごいなあ田臥くん。
開幕戦に出番があるでしょうか。期待したいところです。
能代工時代のような華のあるプレーを、本場で披露してほしいですね。

News: Tabuse contracts with Suns -NBA.com Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人のいのちは

地球より重い、と言いますが。
(と言いながら死刑判決を出したんだよなあ。最高裁は)

一つだけ言えるのは、自衛隊がイラクに派遣されていなければ
ビデオで命乞いをさせられた上、首を斬られて殺されるようなことは
起こらなかっただろうなあ、と。
日本にいたら、台風や震災のボランティアに走り回っていたかもしれないのに。
(もちろん無謀さはほめられることじゃないでしょうけど、ね)

派遣期間は12月までです。延長する気満々みたいですね、政府は。

イラク派遣延長、63%が反対 本社世論調査 - asahi.com : 政治

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »